I'll taste the devil's tears, drink from his soul

脱毛エステの種類

脱毛エステの方法にはどういった種類のものがあるか調べてみましょう。

 ニードル脱毛
毛穴に細い針を刺し、高周波によって毛根を破壊する方法です。
脱毛エステの中で最も古い脱毛方法で長い歴史があります。
一本一本を処理するため、時間が掛かりますが、半永久的な脱毛が期待できるなど施術効果の高い方法です。
しかし、針を刺す際に痛みを伴う事や、皮膚を傷つけたり感染症などの危険性があるため最近では人気がなくなってきています。

 レーザー脱毛
特殊な単波長のレーザーで毛のメラニンだけを狙い撃ちして、皮膚にはダメージを与えずに脱毛する方法です。
これは毛根に対して熱変性を行うため、肌への負担は少なくなり、痛みもニードル脱毛よりずっと少なくなります。時間も短く安全性が高いです。
デメリットとしては産毛などの細い毛に対して、処理がしにくいという点があります。
また日焼けをしている場合や、色黒の人は火傷の危険性があります。

 光脱毛
メラニンに反応する広範囲の波長を利用して脱毛を行う、レーザーよりも進化した方法です。
レーザーに比べて波長が広範囲なので、どんな肌質や毛質にも対応が出来ます。
メラニンだけでなく水にも吸収され、肌のくすみや毛穴のしまり、キメ細かい肌への改善など、美肌にも効果があることが特徴です。
脱毛エステの中では一番施術時間が短く、痛みもほとんどありません。
デメリットとしては脱毛方法が新しいため、症例のデータがあまり無い事があげられます。

脱毛エステのそれぞれの特徴や効果を知り、メリットとデメリットをよく理解した上で施術を行うようにしましょう。